小樽市末広町にある女性医師の歯医者「石橋歯科医院」 町医者として地域の皆さまのお口の健康を咬合からお守りします。 小樽、余市、手稲方面の方もお気軽にお越しください。

小児歯科

お子さんの気持ちに寄り添った治療

お子さんに恐怖心を持つことなく、歯科治療に接してもらうことを大切にしております。まずは、治療をしやすい関係を構築し、診療器具や歯医者に慣れてもらうところから始めていき、

「歯医者さんは怖くない」

と思っていただけるよう丁寧に診療を行っていきます。

治療を進めることを優先しすぎて、痛みを感じてしまうと、歯医者に行くことをおそれるようになってしまいます。

これまでの診療経験で、治療中の会話を重視し、お子さまの年齢や治療の状況にあわせて言葉を選び、出来ていることをほめることが大切と考えています。

実際に鏡を使って、お子様本人に「今何をしているのか」見せることも大切です。

もっとも、まだ幼く状況を理解するだけの年齢でない場合は、説明よりも早く終わることを心がけ、終わった後、頑張ったことをほめる言葉がけをさせて頂きます。

生え変わりの時期は要注意

乳歯には丈夫な永久歯が生えるために準備をし、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。

しかし、乳歯にむし歯があったり早く抜けてしまったりすると、後から生えてくる永久歯がむし歯に感染するリスクが高まり、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼします。

生え変わりの時期は乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこになりブラッシングが難しいことに加え、生え変わった永久歯は未成熟でとてもむし歯になりやすい環境です。

歯の生え替わりの時期を把握し、大切なお子さまのお口を絶えずケアすることを心がけましょう。

乳歯のむし歯で注意すべき4つのポイント

「歯磨きも仕上げ磨きもきちんとしていたのに、お子さまの乳歯にむし歯ができてしまった」という話を聞きますが、どうしてでしょうか。

実は乳歯の虫歯は見た目や色がわかりにくいからなのです。

そして乳歯の虫歯は永久歯に比べると歯質が弱く、むし歯の進行がすぐに広範囲へ拡大します。

気づいたころにはむし歯が大きくなり、神経まで進行していることが多いのです。

そうならないよう乳歯のむし歯の特徴を知っておき、お子様のお口をむし歯から守りましょう。

Point1歯と歯の間にできやすい

乳歯のむし歯がよくできるところは、奥歯の歯と歯の間で、見た目にはよくわかりづらく、むし歯が進行しても気づくのが遅れ、突然穴が開いてしまいます。奥歯の歯と歯の間はデンタルフロスを使うと汚れが取りやすいです。デンタルフロスで「すきっ歯」になることはないので、子どもの頃からフロスを活用しケアをしていきましょう。

Point2乳歯のむし歯は黒ではなく白い

乳歯のむし歯は大人のむし歯のように黒ではなく、白いことが多くむし歯になっても気づかず進行してしまいます。黒いむし歯はゆっくりと進行するむし歯で、白いむし歯は早く進行するむし歯です。乳歯は歯がやわらかいので早く進行する白いむし歯が多いのです。

Point3痛みが出にくいのでむし歯の進行に気づきにくい

子供はまだ痛みの感覚が発達しておらず、痛みがあっても気づきにくいので知らぬ間に大きく進行していることが多いのです。痛みは出たり引いたりして次の日にはおさまってしまい、見過ごしてしまうことがあります。お子様の食べ方や仕上げ磨きの時に小さな変化を見逃さないようにしてください。

Point4乳歯はエナメル質が薄い

歯の表面は体の中で一番硬いエナメル質でおおわれていますが、乳歯のエナメル質は大人の半分しかありません。そのためむし歯の進行が早いのです。お口の中では食事の度に歯が溶ける脱灰と溶けた歯を戻す再石灰化を繰り返しています。むし歯がエナメル質内であれば再石灰化で治る可能性があります。しかし、その下の柔らかい象牙質まで進行しているとむし歯は一気に広がってしまいます。

お子様の歯を守る予防歯科

歯質を強くするフッ素


フッ素は、歯質を強くする・むし歯菌の活動を抑制する・再石灰化を助けることができます。乳歯や生えたての永久歯は大人に比べて柔らかくむし歯になりやすいので、医院で行うフッ素塗布に加え、ご自宅でのフッ素入り歯磨きでのケアやフッ素洗口を行うと効果がより高まります。フッ素での予防は始めるのが早いほど、成人してからもむし歯になりにくいことがわかっています。さらに生えたての永久歯はフッ素を取り込む力が大きいため、フッ素の最大限の効果を期待できます。特に自宅でのフッ素洗口と歯医者でのフッ素塗布を定期的に行うことをお勧めします。

むし歯になりやすい溝を埋めるシーラント

奥歯の溝は複雑で食べカスが詰まりやすく、特にむし歯になりやすい部位です。

その溝を歯科用プラスチック樹脂で埋めるのがシーラントです。

シーラントを使い溝を埋めることにより、むし歯予防に効果を発揮します。

しかし、歯と歯の間や歯と歯茎の間などのむし歯の予防は出来ません。

シーラントを塗った部分のみに効果があります。

歯磨き指導

お子様が正しく歯磨きできるようお手伝いします。
実はお子様一人でしっかり歯磨きをすることはとても難しいことです。

自分で奥歯の内側まで磨けるようになるのが、だいたい小学校高学年ころ。基本的に高学年に首の返しができるようになるからです。

仕上げ歯磨きを卒業する目安は、正しい歯磨きの仕方が身について、奥歯の裏まで自分でケアできるようになるまでです。

お気軽にお問い合わせください TEL 0134-22-6503

PAGETOP
Copyright © 石橋歯科医院 All Rights Reserved.