小樽市末広町の歯科「石橋歯科医院」町の歯医者として地域の皆さまのお口の健康を咬合からお守りします。 小樽、余市、手稲方面の方もお気軽にお越しください。
  • セレック

石橋歯科医院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

小樽歯科歯医者石橋歯科医院当院では患者様のご要望をよくお聞きし、よく話し合った上で治療を進めます。

『自分や家族、大切な人に行いたい治療を全ての患者様に行う』

ことを治療の根本として大切にしています。

また、虫歯の治療から入れ歯、矯正治療、審美的治療、インプラント治療など様々なご要望にお応えできるよう、多分野に取り組んでおります。

歯科治療はもとより、お口にまつわる疑問や不安など、お気軽にお声掛けください。スタッフ一同患者様のお越しを、こころよりお待ちしております。

治療方針

本来備わった自分の歯が一番健康的です。天然の歯以上のものはありません。

歯科歯医者小樽これまで行われてきた歯科治療の大半は、目先の問題のみを解決する、いわゆる対処療法が中心でした。

むし歯が出来た場合、その部分を取り除き人工物で置き換える(つめもの)、歯が抜けた場合も同じく人工的な補綴物(入れ歯やブリッジ)で補う、というような処置です。

しかし治療法の発展、歯科材料の発達がすすむにつれ、逆に人工的な代替物にも限界があるということも明らかになってきました。

どんなに理想的な材料が出来たとしても、本来備わった天然の歯以上のものを作り出せるわけではないのです。

なんとかむし歯を治療したとしても、むし歯が出来た原因がそのままでは再び同じような問題が起きてしまいます。

だからこそ石橋歯科医院では、なるべく自分の歯を守ることを第一に考えます。

そして、天然歯により近い状態を保つことを目的とした歯科医療に取り組んでいます。

予防歯科に関する当院の考えをぜひご覧下さい。

“咬合崩壊”という言葉を知っていますか?


歯を失うと、咬み合わせには徐々に変化が生じます。変化が生じた咬み合わせは、不適切な力となり更には、外傷性の力となり、歯槽骨を破壊する力となってしまいます。

こうして、更なる欠損が生じ、ますます咬み合わせに変化が生じることを、『咬合崩壊』と言います。多くの方が、

たった1 本の歯が悪くなったことにより、まるで『ドミノ倒し』のように歯を失ってしまいます。

さらにこのドミノは、10 年、20 年をかけてゆっくりと倒れていくので、なかなか気付かない、というところが真に恐ろしいことなのです。

神経を残すことの重要性

定期的なメンテナンスで歯周病やむし歯を防ぎ、次の段階への進行を防ぐことは非常に大切ですが、そのような取り組みの中で、神経を残すことが非常に大切です。

それは神経がない場合、歯の根が割れてしまう可能性が高まるからです。神経を取ると残された歯に栄養がいかなくなり、脆くなってしまいます。

神経を残すことが生涯のお口の健康に大変重要です。

インプラント~より天然歯に近い状態を再現するために


石橋歯科医院がインプラントに取り組む理由は、欠損の拡大を阻止する事と残っている歯の保護にあります。

本来備わっている自分の歯に勝るものはありません。

しかし、もしも突然の事故やむし歯が原因で歯を失ってしまった場合、どのような選択肢があるのでしょうか?

入れ歯?ブリッジ?

実は旧来のこのような治療は 欠損した両隣の歯の寿命を短くしてしまう恐れがあります。

本来の自分の歯に近い状態を保つことで、今ある自分の歯を守ることができるのです。

だからこそ当院では予防のための治療として、インプラントを自信を持ってお勧めいたします。

インプラント治療例はこちらです。

ブログ

咬み合わせの想い出〜院長コラム

正しく噛むことで、体や心が健康になるんです! 20年くらい前のことです。石橋歯科医院にご来院され総入れ歯をつく …

咬み合わせ~『高すぎず大きくもなくまん中をバランス良くが歯合わせの道』

塩田博文先生は、義歯に関する書籍を多数出版されております。 また、歯科で使用する器具も多数開発されており、歯科 …

咬み合わせ

2018口腔インプラント学会第38回東北・北海道支部学術大会に参加しました。

2018年10月27日28日 口腔インプラント学会第38回東北・北海道支部学術大会参加いたしました。 メインテ …

口腔インプラント学会第38回東北・北海道支部学術大会
PAGETOP
Copyright © 石橋歯科医院 All Rights Reserved.